【第5回絵本出版賞 大人向け絵本部門】審査員コメント

絵本出版賞審査結果

2020/07/14

6月某日、第5回絵本出版賞の最終審査が行われました。
ここでは、大人向け絵本部門の審査員のコメントを紹介します。
入賞作品がどのようなものなのか気になる方は、ぜひチェックしてみてください!
(大賞・最優秀賞・審査員特別賞の審査員コメントは「【第5回絵本出版賞 大賞&最優秀賞&審査員特別賞】審査員コメント」から読むことができます)
(最終審査の様子は「第5回絵本出版賞最終審査が行われました!!」にてご覧いただけます)

【優秀賞】
山上伸治「ねことねごと」

・とても素晴らしい絵! ストーリーと言葉をもっと工夫したいです。

・味のある作品ですが、言葉集にするにはワードが弱いかも? でも、面白い絵本になりそうです。

・ちぎり絵のデッサン力がスゴイです!! この猫たち最高! タイトルも思わず読みたくなります。

栗田ステファニー「ドールズ Poupees introduction」

・欲望とエロスをメインテーマに作ると、素晴らしい作品になると思います。

・絵に心惹かれました。構成は再考の必要がありますが、オリジナリティーがあります。

・原画でしょうか。謎めいた感が良く出ている絵です。お話をもっと面白くしたいです。

たなかべぶび「種」

・場面展開にオリジナリティーがあります。ゴーリーの絵本を思い出します。

・日常の中の不思議な世界への入り口がリアルに。種からいろいろな人間のパーツが出てきて面白かったです。

・独特の面白さと奇妙さが出ていて、いいとこどりと感じました。警察も皆好きで、刑事が出てくるとドキドキしました。

アメユジ「ぼくの星の王子さま」

・外伝というより、オリジナルのファンタジーという印象でした。センスの良さがピカイチです。

・絵がキレイ。言葉がもっと検討できると良いです。

・絵は美しく幻想的です。文章をもう少し整理して、素敵な絵本にしていきたいです。

山内めぐみ「トレンネンが泣いたわけ」

・着想と絵に惹かれます。

・絵が上手。とにかく絵が良いので、文章をもっと面白くしたいです。

・理由があってこの世に生まれなかった命を供養しているのでしょうか?  重いテーマを感じます。まだ未完成の印象を受けますが、心に残る作品です。

【奨励賞】
三浦晃弘「娘の結婚式を迎えたお父さんの話」

・素直で共感が持てる表現です。べたではありますが、よく伝わってきます。

・ありきたりの話でしたが、感動しました。「大声を出す」というテーマでとてもおすすめです。

・平凡な話ではあるものの、絵が可愛いです。

ブラウン志歩「カゲタロウ」

・カゲタロウが良く描けています。絵が面白く、色もキレイ。お話は工夫が欲しいです。

・可愛い絵と分かりやすい描写。

・絵だけで色々なことを語っています。

栗本琴子「ほしがりすぎたねこ」

・タイトルがぴったりです。寂しさはスパイス。滑稽で面白いです。

・「足るを知る」「足らざるを知る」ということを教えてくれる絵本。

・欲張りすぎて失敗するという戒めの絵本。大人ではなく子ども向けの絵本としてもいいかもしれません。

丸岡水乃「アモーレおやこのおかいもの」

・色々な“モノ”や“コト”が人生を豊かにしているというテーマがよく描けています。

・絵がオシャレなのが良いです。絵で見せる絵本だと感じました。

・洗練されたパリジェンヌの雰囲気があるとても洗練された絵本です。“自分の人生は自分で切り開く”といった風に表現できると良いと感じました。

pigta「よろこびの森」

・絵のセンスが素晴らしいと思いました。ストーリーも心に響きます。

・絵が人間みたいな猫で面白いです。文章は「語り過ぎかな?」とも思いました。

・キャラクターがとても良いです。ストーリーは編集で高めていけると思います。

藤友陽子「台所」

・静かさが良いと思います。

・作品に渋さを感じました。

・詩のような言葉を載せることで、より深みのある作品になると思います。

よしたけなつき「鏡の中」

・絵がとても上手です。

・テーマが良いと思います。

・ もう少し可愛らしい作品のほうが多くの方から支持されるような気がします。

スプーンあきこ「ちいさなきょうだい」

・テーマが良いです。大人が見て子どもはこんなに小さくありませんが、小さく書けているところが、広い世界に「いってらっしゃい」と言っているようで好感が持てました。一家に1冊あっても良いと思います。

・嫌みや湿った感じがなく、子どものことをよく見ています。丁寧な仕事なので、絵本出版のためもう一歩工夫して面白くしていきたいです。

・何気ない日常が可愛いですが、絵本として手に取ってもらうにはもう一工夫欲しいところです。

なかたあこ「大きな木と小さな木」

・思いやりの気持ちが伝わってくる作品でした。

・出版をするにはブラッシュアップが必要。でもいい作品だと思います。

・この作品をつくり始めたときの気持ちを持ったまま、さらに良い作品へと仕上げていってほしいです。

わたたにみつこ「遠い日」

・これが実話だなんて素晴らしい! 絵も上手ですし、泣けます。

・思い出の記録としては可愛いですが、出版にはブラッシュアップが必要。

・実話と書かれていて、ますます涙涙でした。


以上、大人向け絵本部門の審査員コメントでした。

大人向け絵本部門は「絵本だけど、子ども向けとは言わないなぁ……」といった、どこに分類すればいいか分からない作品が集まりやすいため、とても個性豊かでした。
少し怖いようなダークな雰囲気の作品も少なくないです。

イラストや全体の世界観や雰囲気に力が入っている作品が多いですが、それプラスストーリーの展開などにも注意を払っていただけると入賞が見えてくるかと思います。

自分自身が感じたこと、思ったこと、悲しかったこと、嬉しかったことなどの感情を素直に言葉で伝えてみてください。

特別シャレていなくても、ありのままの素直な言葉や表現が、審査員の心を揺り動かすかもしれませんよ。

================================================================================

絵本出版.comでは「絵本作家になりたい!」「絵本を出版したい!」といった方々向けの絵本に関する無料のメールマガジンを発行しています。

「絵本を出版するにはどうすればいいの?」「絵本作家になるコツとは?」など皆さんの気になる事柄や疑問の解決をサポートしますので、興味のある方はぜひ登録してみてくださいね。

「絵本出版をしよう!メルマガ★」の登録はこちらから

================================================================================

【第5回絵本出版賞に関するその他の記事】
第5回絵本出版賞最終審査が行われました!!
【第5回絵本出版賞 大賞&最優秀賞&審査員特別賞】審査員コメント
【第5回絵本出版賞 絵本部門】審査員コメント
【第5回絵本出版賞 ストーリー部門】審査員コメント」
ぜひご覧ください!