【第5回絵本出版賞 大賞&最優秀賞&審査員特別賞】審査員コメント

絵本出版賞審査結果

2020/07/14

6月某日、第5回絵本出版賞の最終審査が行われました。
最終審査の様子は「 第5回絵本出版賞最終審査が行われました!! 」にてご覧いただけます。
ここでは、大賞・最優秀賞・特別審査員賞の審査員コメントを公開します。
今後、入賞を目指す方は、ぜひ参考にしてください!

【大賞】
~大人向け絵本部門~
saoryz「Dalia Good Night」

・センスが良いと思いました。素直に面白いです。新規性があります。

・オリジナリティーがあって、次の世界に行くいざないの力やインパクトがありました。分かりやすい作品で、かなり良くできています。

・企画に工夫が感じられました。絵もキレイで良かったです。

【最優秀賞】
~絵本部門~
中澤牧子「現代白夜行事情」

・絵が上手いです。編集者とアイデアを出し合ってブラッシュアップしていきたいです。

・絵が上手。大人向けかなという気もしました。

・既視感もありますが、妖怪がたくさん出てきて楽しいです。子どもたちも好きそう。画力のレベルはかなり高いと思います。

~大人向け絵本部門~
いわたきよみ「子猫とコート」

・素晴らしい。コートが何を表しているのか。本書に描かれているすべての物が象徴的なものだと思いました。意外と長大なストーリーです。世の中を見る目が変わるような気付きを与えてくれる良さがありました。

・寓話的なイメージがあります。現代版長編イソップ童話のよう。世界観があるところが良いと感じました。

・世界観の作り方が上手い。腰が据わっている感じがします。絵や物語づくりの才能を感じました。

【審査員特別賞】
~絵本部門~
ちぴ子、午後山木一郎「ねこまんにんのしゅぎょう」

・非の打ち所がない面白さ! 大好きです。忘れられません。

・ストーリーが面白いです。子どもが真似できそうな点も良いと思います。絵が小さくて分かりづらかったので、もっと見やすく描いたほうがいいと感じました。

・すべてのページが面白かったです! 絵も楽しく、次回の「おうちのそとのまき」も読んでみたくなりました。絵がもっと上達すると、さらに魅力的な作品になると思います。


以上、大賞・最優秀賞・審査員特別賞のコメントでした。

今回、上位の作品のジャンルや風潮が大きく異なる分、比較が難しく、どの作品を大賞に選ぶべきか非常に時間がかかりました。
ある作品を一人の審査員が推しても、別の審査員が納得しなかったり。
別の作品が俎上(そじょう)にのるものの、「いや、それならば……」と横やりが入ったり。

その中で、大賞に選ばれた「Dalia Good Night」に関しては、仕掛け絵本という面白さや画力の高さ、ストーリー展開などすべての面において、全審査員が「この作品ならば」と満場一致した作品でした。

しかし、その他の作品でも「この点においては、こっちのほうが優れている」「今はまだ発展途上かもしれないけれども、編集を入れれば、キラリと光る作品になる可能性が高い」などの理由で、最終選考に残り続けていました。

それなので、「絵は得意だけれども、ストーリーはちょっと自信がない」「新しいアイディアを思いついたけれども、絵本になるか分からない」などの作品でもぜひ応募してみてください。

そこに輝くものがあれば、入選する可能性だって十分あり得ますよ!

================================================================================

絵本出版.comでは「絵本作家になる方法を知りたい!」「絵本を出版したい!」という方々のために絵本について知ることができる無料のメールマガジンを発行しています。

「絵本について詳しくなりたい」「絵本ってどうやって作るの?」などの疑問や悩みをお持ちの方は、ぜひ登録してみてください!

「絵本出版をしよう!メルマガ★」の登録はこちらから

================================================================================

【第5回絵本出版賞に関するその他の記事】
第5回絵本出版賞最終審査が行われました!!
【第5回絵本出版賞 絵本部門】審査員コメント
【第5回絵本出版賞 大人向け絵本部門】審査員コメント
【第5回絵本出版賞 ストーリー部門】審査員コメント
ぜひご覧ください!