【第1回絵本出版賞その後】大賞受賞者インタビュー~ピイキチナツさん~

インタビュー記事

2019/04/18

 

第1回絵本出版賞大賞を受賞したピイキチナツさんと作中のモデルとなったやまもとさん

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

――第1回絵本出版賞受賞を通じて、変化したことなどありますか?

 

 

 

ピイキ:絵本を出版したことで、家族など周囲の人たちが大喜びしてくれました。地元である千葉県・銚子のイオンの銚子出身者向けのコーナーにも絵本を置いてもらえたなどとても嬉しいです。やまもとさんのTシャツやパーカーなどのグッズも制作したことで、絵本と一緒にこちらもご愛用いただいております。

 

 

 

――絵本制作を通じて、大変だったことは何ですか?

 

 

 

ピイキ:この作品は青とピンクの特色インク(編集注:プロセスカラー(CMYK)では表現できない、あらかじめ調合されたインク)を使った絵本で、2色の色が混じり合わないよう“分版”という作業が特に大変でした。

またデザインや出版の過程など知らないことばかりだったのでとても勉強になりました。

印刷する紙によって色の出方が違うことを初めて知ったり、実際に本を印刷している工場を訪れて現地にて色の調整をさせていただいたり。


他にも色やフォントなど理想通りに仕上げるため、選ぶのに苦労しました。

 

 

 

――実際に出来上がった作品を見てどのように感じましたか?

 

 

 

ピイキ:大賞を受賞した時もそうですが、最初は信じられない気持ちが大きくて、すぐには実感を持てませんでしたが、実物が出来上がったのを見てとても嬉しくなりました!!

色など作品の仕上がりも気に入っています。今も目の前にありますが、可愛いと思います。

 

 

 

――今後どのような作家になりたいなど目標はありますか?

 

 

 

ピイキ:個性があって、色がキレイで、嫌みのないものをつくれる作家になりたいです。
私自身、シンプルなものが好きなので、シンプルだけど心に残るような作品をつくっていきたいですね。

 

今までは自分がお世話になった人に対して、感謝を伝えるために作品をつくっていましたが、出版を通じて、読む人がいてこその作品であることを改めて感じました。

 

自分自身が楽しんで描くのはもちろん大切ですが、読者の方々に喜んでいただけるためにも、いろいろなイベントに出展するなどして、この作品をもっと広めて、次回作も制作できるよう頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

――次回作はどのような作品を制作したいですか?

 

 

 

ピイキ:“楽しんで生きていく”ということを作品を通して、伝えていけたらいいな、と思います。自分自身もこれからも楽しんで創作活動をしていきたいですし、そもそも楽しくなければ続けられないと思うので。

 

また、今回の作品は“青とピンクの特色2色の絵本を見てみたい!”という、まだ自分が見たことのないものを見てみたいという思いから生まれました。

 

同じように、これまでになかった作品をつくっていきたいですし、ほかの作家さんが制作する、まだ目にしたことがない新しい作品も読んでいきたいです。

 

 

 

――最後に、第3回絵本出版賞に応募する方々に向けてメッセージをお願いします!

 

 

 

ピイキ:まずは楽しんで描くことが大事と感じています。私もはじめ「大賞受賞」とうかがったときは「え?」という感じで、気持ちがついていきませんでした。

しかし、編集や出版の過程を通じて、遅ればせながらも徐々に実感が出てきています。

私自身、営業向きの性格ではありませんが、出版を通して、作品をもっと多くの方にご覧いただきたいという気持ちが膨らみ、今は積極的にイベントに出展するなどしています。

 

まずは行動に移して、応募してみないと始まらないということを、自分の体験を通じて、強く感じています。

だからこそ、第3回絵本出版賞に皆様も、ぜひ応募していただきたいです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以上、ピイキチナツさんへのインタビューでした!

 

 

ピイキさんも最初は大賞受賞に喜びつつも、気持ちが追い付かず、いろいろと戸惑うことがあったそう。
しかし、出版という過程の中、作品やご自身としっかりと向き合っていき、徐々に考え方や思いが変化していったことをインタビューを通じて感じました。


お忙しい中、インタビューへのご協力誠にありがとうございました!

 

 

第3回絵本出版賞では、皆様の力作を絶賛募集しております!

「絵本作家になりたい!」「絵本出版という夢をかなえたい」といった方々はぜひ迷わず積極的にご応募ください。

受賞作品は大賞に関わらずすべての作品において出版化のチャンスあり☆

 

大賞(1作品)、最優秀賞(3作品)、優秀賞作品(15作品)には賞金も贈られますので、ぜひこのチャンスを逃さないでください!

 

皆様の作品を拝見できることを、スタッフ一同心よりお待ちしております!

 

 

 

第3回絵本出版賞応募フォーム

 

 

 

※第3回絵本出版賞の応募締め切りは5月10日になります。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 


絵本出版.comでは、絵本の作り方や作品を出版化する方法など

絵本出版に関する情報を無料のメルマガで配信しています。

 

 

 

「絵本出版に興味はあるけれども、何をすればいいかわからない」「絵本作家になるにはどうすればいいの?」

という方は、ぜひ以下の登録フォームからお申し込みください。

絵本の作り方や出版化のための方法などのアドバイスをお伝えしています!

 

 

「絵本を出版しよう!メルマガ★」登録フォーム

 

 

やまもとさんちのにゃまもとさん』は現在、全国の書店にて絶賛発売中です! ぜひ興味のある方はお手に取ってみてください☆

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆