【第2回絵本出版賞その後】大賞受賞者インタビュー~まるやまなおさん~

インタビュー記事

2019/04/05

 

第2回絵本出版賞大賞を受賞したまるやまなおさん

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

――第2回絵本出版賞大賞受賞おめでとうございます! 受賞を知ってどのように感じましたか?

 

 

 

まるやま:今回絵本を出版するチャンスをいただけて嬉しい反面、絵本を手にとってもらえなかったらどうしようという不安も大きかったです。

 

 

 

以前、私は別のところで絵本を出版することができました。最初は出版できたことが嬉しかったのですが、発売日を迎えると、「売れているかな?」「手に取ってもらえているかな?」という不安のほうが大きくなっていきました。

 

 

 

せっかく出版できても、多くの方に読んでいただき「面白かった」とか、「あたたかい気持ちになった」とか、少しでも何かを感じてもらえなければ、意味がないのかな、と言ったら言い過ぎですが、そういう気持ちではいます。

 

 

 

前回もたくさんの方に読んでもらって笑顔になって欲しいと思っていましたが、より一層そういう気持ちが増えました。

 

 

 

今回も一人でも多くの方に読んでもらえるよう、いろいろ工夫していきたいです。

 

 

 

――実際に出版化に向けての作業に入って、どのように感じていますか?

 

 

 

まるやま:プロの編集者の方は、私の中になかった視点でアドバイスをくださるので、作品を見つめなおすことができ、作品に対しての視野が広がっていく感じがします。

 

 

 

私はこの作品は“食育”がテーマだと感じていたのですが、編集者の方は主人公のマカロニさんたちの「役に立ちたい」という思いのほうに注目してくださって。そういった視点は私にはなかったので、単純に「こういう風に思ってくれているんだ」と感想を聞けるだけでも嬉しいですし、アイデアも浮かんできます。

 

 

 

また私は関西在住なのですが、関西まで打ち合わせのため来てくださったのも本当にありがたいです。

 

 

 

絵が目の前にあってお話できるのが良いと言う事はもちろんですが、電話やメールよりも実際に会うと深くお話する事ができるので、いいアイデアが浮かんだり、私の視点を理解してアイデアを出してくださったり、どういう気持ちや意図で考えてくださったのか会って話す方がお互い伝わると思いました。

 

 

 

――応募するときに気をつけたことなどありましたか?

 

 

 

まるやま:第1回絵本出版賞の受賞作品を見て、私の作品とタイプが違ったので正直応募しようか迷いました。

でも大賞以外でも出版の機会がいただけると記載があったので、応募する事にしました。

 

 

 

 

今回大賞を受賞した「なにになるのマカロニさん」は、ほかのコンテストには合わないかな?と思った作品でした。
でも3作品応募できることもあり、思い切って自分では「どうだろう?」と思うものも応募してみました。

 

 

 

その結果、大賞になって・・・。最初通知を見た時、なんで私の絵が載っているんだろうと、不思議に思いました。みんな載せているのかなと。落ち込まないために結果を見る時は「きっと落ちてる」と思って見ているので、少したって大賞だと気づいて、驚きました。

 

 

 

――現時点で目標や夢などありますか?

 

 

 

まるやま:基本的には、皆様に楽しんでいただける絵本を描いていきたいです。
その上で2作目も出版できるように現在の絵本の製作を進めていくのはもちろんですが、やはり目につく機会がないと手にもとってもらえないので、多くの人に目にしてもらえる機会を「自分で作っていくこと」を頑張りたいと思っています。

 

 

 

――今後、絵本出版賞に応募する方々にメッセージをお願いできますか

 

 

 

まるやま:今回私が受賞した作品も、別のコンテストでは上手くいかなかった作品でした。
同じように、自分では「ちょっとどうかな」と思っていても、ほかのコンテストに出せなかった作品でも、広く取り扱ってくれます。それなので、「本当にこれで大丈夫かなぁ」と不安を感じている方も、ぜひ勇気を出して、応募してみてくださいね。

 

 

 

――この賞は、既成の枠にはまらないような作品にも、目を向けていますからね。まるやまさんの作品、どんな本になるか、楽しみです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以上、まるやまなおさんへのインタビューでした!

 

 

まるやまさんの「たくさんの人たちに喜んでもらえる作品を制作したい」という気持ちが、インタビューを通じて、如実に伝わってきました。
まるやまなおさんの大賞受賞作品『なにになるのマカロニさん』は現在、出版に向けて制作中!

 

 

皆さんもぜひ発売を楽しみにしていてくださいね。
お忙しい中、インタビューへのご協力誠にありがとうございました!

 

 

現在、第3回絵本出版賞では、作品を絶賛募集中!

「絵本作家になりたい!」「絵本を出版したい」という方からのご応募をお待ちしております!!!

大賞(1作品)、最優秀賞(3作品)、優秀賞作品(15作品)には賞金を贈呈!

大賞作品は出版化が決定! その他入賞作品にも出版のチャンスがあります。

ぜひ皆様の作品をご応募ください♪

スタッフ一同心よりお待ちしております!

 

 

 

第3回絵本出版賞応募フォーム

 

 

※第3回絵本出版賞の応募締め切りは5月10日になります。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


絵本出版.comでは、絵本の作り方や作品を出版化する方法など

絵本出版に関する情報を無料のメルマガで配信しています。

 

 

「絵本出版に興味はあるけれども、何をすればいいかわからない」「絵本作家になるにはどうすればいいの?」

という方は、ぜひ以下の登録フォームからお申し込みください。

絵本の作り方や出版化のための方法などのアドバイスをお伝えしています!

 

「絵本を出版しよう!メルマガ★」登録フォーム

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆