【第2回絵本出版賞 大人向け絵本部門】審査員コメント

絵本コラム

2019/02/15

 

昨年末、第2回絵本出版賞の最終審査が行われました。

 

最終審査の様子は「第2回絵本出版賞最終審査が行われました!!」にてご覧いただくことができます。

 

ここでは、部門の受賞作ごとの選評をご紹介します。

 

受賞した方だけでなく、受賞できなかった方や応募していない方もぜひ次の審査通過の参考にしてくださいね。

 

~優秀賞~

黒木咲「三姉妹の三つ子のお店」

・面白い話なのかどうかわからない面白さがあります。たどたどしい下手な翻訳のような日本語が異様な効果を生んでいます。

 

・独特の世界観とキャラクター。そしてそれに見合った絵。バランスが取れています。でもなんか変。不思議さを上手く編集できると良いです。

 

・魅力的な絵はよかったですが、話が長すぎます。

 

森木野心「女の子になりたい男の子LGBTって何?」

・LGBTって何? という気持ちで読み始めた私にも分かりやすく描かれていました。

 

・私もまだまだ認識が足りませんがこの様な作品により、色々な個性を認め合う社会になってゆくのだと思います。こうありたいという自分をのびのびと表現している喜びの場面もあるといいのかなと思いました。

 

・前半が情緒豊かに描かれて共感できる流れだけに、告知紙芝居的な終盤は工夫がほしかったです。

 

・絵は上手いです。14P~18Pの話の転換部分が、文字だけということを考慮しても弱いと感じました。

 

たけだゆめ「へにーにょさんの帽子」

・ラストシーンがとても印象的です。細部にいろいろな小ネタを仕込んでいたりして絵を見ているだけでも楽しいし、そもそも世界観を上手に表現しています。物語もワケがわからなすぎて面白いです。

 

・ストーリーは考えるにしても、本にしたいと思いました。画力は高いです。

 

・絵がキレイで引き込まれます。ストーリーはいまひとつ。絵も遠くからだけでなく近くからのもあったほうが良いと思いました。

 

ニシハマカオリ「ARTIST」

・とても雰囲気を持ったいい絵です。しかし、最終的な着地点を「愛」にしてしまうのは、安易な気がしました。もっと、作家なりの独自の答えを着地点にするといいと思います。

 

・別のストーリーにすればもっと面白くなると思います。ストーリーを改善したいです。

 

・絵がとても良いと思います。ストーリーにもう少しひねりがほしいです。

 

後藤祥帆「白鳥になれなかったアヒル」

・魅力的な絵。構成もしっかりしていてとてもよくできています。

 

・ストーリーを変える必要はありますが、着眼点は評価。画風が漫画チック。よいお話だと思います。

 

・みにくいあひるの子の逆バージョン。絵は良いと思います。文章をわかりやすくすれば、子ども向けでもいける気がします。

 

~奨励賞~

HUMURO「題名のないアーユルヴェーダの絵本」

・大人の女性をターゲットに、良さそうと思いました。

 

・絵は丁寧で素敵だと思いました。思わず買いたくなるようなストーリーがほしいです。

 

・作りあげられるのかわからないところがあります。イラストは、インテリアとしてもなじみが良い感じがします。

 

池畑智子「HaraGuroNeko」

・ネタをもっと作り込めばもっとすごくよくなります。

 

・絵もお話も良いと思いますが、絵本としての出版を考えると、イメージがし難い感じがします。(ページ数かな?)

 

・『きょうの猫村さん』に少し似ている気がします。テンポよく、ユーモアを持って腹黒猫さんを描いている所が良いし、とてもセンスを感じます。

 

のろすろお「チャレンじぃ」

・ネタが豊富なのは素直にすごいと感じるところです。編集をつけて、一緒に作っていくのが良いと思います。

 

・語感に重きを置きすぎていて、内容が入ってこないのは残念。

 

・絵は頑張って描いています。ストーリーはもうちょっと頑張ってといったところ。

 

EMI「たんぽぽ」

・ストーリー、絵、ともに良いですね。大人向けとなっていますが、小学校中・高学年くらいの子どもにも良いと思います。

 

・絵は良いのでストーリーに工夫があったらもっと良いと思います。

 

・絵と色がキレイです。新しさやテーマをもっと追求すると良いと思います。

 

宇都宮みどり「割れたガラスの物語」

(作:宇都宮みどり / 絵:志村弘昭)

・とても色彩が美しいです。ストーローテリングのテンポが自然で、物語も読み進めたくなる内容でした。

 

・導入部分の入り方もとても良く、最初から物語に引き込まれる掴み方ができています。ただもう一歩踏み込みたい作品です。

 

・ロマンチックな話だと思います。絵をもっと迫力が出るように工夫すると良いのではないでしょうか。

 

モン・デラックス「あーくん」

・ストーリーは起承転結が分からず、このままでは出版は難しいと思いました。イラストは丁寧に描かれています。

 

・イラストは良いです。ストーリーを子ども向けなどに考え直したらもっと良くなると思います。私はわりと好きかもしれません。

 

よねだまみ「てんしが いるまち」

・絵、色がキレイ。活動がある点を評価。

 

・こころのよりどころをえがいた作品ということでしたが、絵本としてはストーリーか絵かあるいは両方にもっと説得力が欲しいといったところでした。

 

・キレイな絵です。ストーリーにもっと力が欲しいと思いました。

 

 

yua(ゆあ)「あまえんぼうジョシュア」

・ワンちゃんへの溢れる愛情が伝わってきます。笑ったような表情や、トリミングのシーンなどキュートなジョシュアに心和みました。

 

・可愛いけどストーリーを工夫したいです。色遣いもキレイで、大切なアルバムを見せてもらっているような気分になります。

 

・可愛いですがストーリーは至って普通。

 

まめゆずこ「The Vegetable Life」

・野菜のキャラクター。ゆるキャラでデビューしそう。構想は良いと思います。

 

・大人向けの絵本ですが、絵もかわいいし、野菜が苦手な子どもに、野菜を身近に感じてもらえる良い機会になると思います。編集を加えてもっとアイデアを出していきたいです。

 

・野菜がとても可愛く描けていて子どもに良さそうと思いました。

 

 

 

以上、大人向け絵本部門の選評でした。

 

大人向け絵本部門はやはり大人を読者ターゲットとしているだけあって絵のレベルは高かったです。しかしストーリーにもうひと工夫ほしい! という惜しい作品がたくさんありました。

 

絵本は文字が少ないため、難解で複雑なストーリーは表現しづらいです。それでもありきたりでなく、ちょっとひねった、大人をも「おお!」とうならせるような、独自性のある作品こそ大賞に選ばれると感じました。

 

絵の美しさやクオリティーに自信のある方はストーリーにもっと工夫を凝らしてみるのも良いかもしれませんよ。

 

 

=================================================================================

 

絵本出版.comでは「絵本作家になりたい!」「絵本についてもっと知りたい!」という方向けに、絵本作家になるための無料メール講座を開設しています。

絵本作家になるための近道かもしれない!? 興味のある方はぜひ以下のURLをクリックしてください!

 

絵本作家になる方法無料メール講座ページへのリンク

 

=================================================================================