Q&A

1.企画のエントリーについて

Q.応募資格はありますか。

A.いいえ。どなたでも応募いただけます。

Q.テーマやページ数に規定はありますか。

A.いいえ。テーマもページ数も自由です。

Q.原画を郵送で応募していいですか。

A.はい。原画を送っていただいても結構ですが、クリアホルダーに入れるなどして、作品を保護してお送りください。

作品の取り扱いには厳重注意しますが、審査の過程で汚れてしまっても、責任は負えませんので、なるべくコピーしたものをお送りください。

Q.画材は自由ですか。

A.はい。ただし、絵本出版の際、スキャナーで撮影しますので、凸凹しない、厚すぎない紙にお書きください。

Q.断ち切り(仕上げ)の線を入れる必要はありますか

A.入れていただいても結構です。その場合、鉛筆で薄く入れてください。

Q.塗り足し(塗り伸ばし)はしたほうがいいですか

A.はい。編集制作上、ギリギリに描かれた絵は、断ち切りができませんので、4方向を1センチ以上は塗り足してください。

Q.ストーリーのみの応募はWordで書いたらいいのでしょうか。

A.はい。プリントして、改ページのイメージがあれば指定してお送りください。

Q.切り絵やちぎり絵も応募可能ですか。

A.はい、もちろん可能です。

Q.発表したことがある作品ですが、応募可能でしょうか。

A.はい、非営利、または絵本以外のものとして発表したもの、ブログやSNSで発表したもの、絵本出版物以外のものとして発表したものは、ご応募いただけます。ただし、どこで発表したか、お書き添えください。

Q.過去に他のコンテストや出版社に応募した作品でも応募できますか。

A.はい。ただしその旨を明記してください。受賞した場合はこちらを優先していただくことになります。

Q.合作を応募することはできますか。

A.はい。その場合、お2人のお名前をご記入ください。絵と文それぞれ誰が書いたのか分かるようにしてください。また、代表者がどちらかも記入してください。

Q.プロの絵本作家ですが、応募していいですか。

A.はい、もちろん大歓迎です。

Q.審査はどのように行われますか。

A.審査委員長が全点を拝見いたします。

絵本として出版するイメージを作りながら、審査します。絵画コンテストではないので、編集をへていい本になるかどうかをイメージして審査します。

Q.審査結果はいつ、どのように知らせていただけますか。

A.審査結果は、郵便で通知します。メールでの通知はいたしません。個別の問い合わせには応じられませんのでご了承ください。

Q.応募すると著作権は拘束されますか

A.いいえ。著作権は著者(作者)に属していますので、拘束されません。ただし、入賞した場合、「出版権」が主催者に帰属します。主催者は優先的に入賞作品を出版する権利を有することになります。

Q.絵本制作を学びたいのですが方法がありますか

A.はい。主催者にて、絵本講座を用意しています。勉強したい方はお問い合わせください。

メルマガも発行しています。https://www.reservestock.jp/subscribe/94483

Q.昔話に絵をつけて応募することはできますか?

A.古今東西の古典や民話、また著作権がすでに切れている物語を原作として使用した絵本の応募もOKです。

Q.他のコンテストと同時に応募できますか。

A.同時応募は賞の運営に重大な支障をきたしますので、おやめください。

Q.入賞したら出版されますか。

A.大賞・審査員特別賞以外の受賞作に関しては、提携出版社のポエムピースまたはみらいパブリッシングから出版化を検討いたします。

また、大賞・審査委員特別賞は提携出版社から出版いたします。

Q.原稿返却はいつですか。

A.原稿の返却には結果発表後1~2か月かかることもございます。
(※急ぎでの対応は出来かねます。)

コミック部門についての詳細はこちら